オフィス

トラブルを防ぐために建物診断を行いましょう

賃貸オフィスの特徴

社内

関東と関西の賃貸オフィスの相場

賃貸オフィスを探す際に、気になるのは賃料です。 2015年の1月の関東と関西の主要都市で、200坪以上の大きな賃貸オフィスの相場をご紹介していきます。 まず、関東からは、東京23区なら1坪あたり16555円、横浜市なら11841円、さいたま市では13020円です。関西では、大阪市が14229円、京都市が16320円、神戸市が13084円となります。 こうして具体的な坪単価の平均を挙げていくと、京都市が一番高いです。これは、景観の問題で高層ビルを建てることができないから、物件数が少なく賃料が高いわけです。また、関東と関西の空室率を見ると、3パーセント台から7パーセント台です。しかし、神戸市だけは、12.86パーセントと高く、賃料が2014年から下落しています。

様々なオフィスの形態について

ここまでは、大規模なオフィスの相場についてご紹介してきましたが、次に様々な賃貸オフィスについて書いていきます。 ここ数年話題になっているSOHO向けの賃貸オフィスは、一般向けのマンションの物件を探していても見かけるようになりました。 小規模事業やフリーランスの人向けですが、マンションによっては、法人登録ができない場合があります。賃貸オフィスとして借りる場合には、初期費用が賃料の6ヶ月から10ヶ月ほど掛かることが多いです。 次に、店舗とオフィスが一緒になっている一戸建て型の賃貸オフィスです。商店街や主要道路沿いの物件が多く、一階は店舗、二階はオフィスになっています。こういった賃貸オフィスは、特に立地条件により、賃料が大きく左右されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加