オフィス

トラブルを防ぐために建物診断を行いましょう

仮想オフィス

オフィス

住所と電話を借りて仮想のオフィスに

近年、いわゆるスモールビジネスの世界においてバーチャルオフィスという言葉を聞くことがあります。直訳すれば「仮想の事務所」ということになりますが、これはどういうものかというと、実際にはそこで事業を行っていないのに会社等の所在地としての体裁を整えることができるというサービスです。といってもまるっきり架空の事務所を作り上げるわけではありません。実はバーチャルオフィスは以前からあった秘書代行サービスの進化形ともいえるもので、代行業者の所在地を依頼者に対して名目上「貸し出す」とともに、その場所で電話応答を代行したり届いた郵便物を受け取って転送したりするというものです。貸し出しは1か月単位のところが多く、申し込みの後身許審査等を経て利用開始となります。

所在地で対外的な信用をアップさせたい人に

1人で会社を運営している人や個人で事業を行っている人は自宅を事業所としているケースが少なくありませんが、中には対外的な信用のためにどうしても都心に住所を持たなければならない、あるいは賃貸のため自宅に会社の看板を掲げることができないといった事情を持つ人がいます。そういった人にとってバーチャルオフィスは、実際にオフィスを構えなくても仮想の「所在地」を得ることを可能にします。通常の貸事務所なら必要な保証金や家賃が要らないので、コストを大幅に節減することができます。またバーチャルオフィスの中には貸会議室を備え、顧客との商談などに利用できるサービスを提供しているところもあります。これなら、必要な場合だけリアルオフィスとして機能させることもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加